自律神経失調のびのび緩和術|急がずゆっくり治療しよう

医者

自律神経のバランスの乱れ

女性

自律神経失調症の場合は、不定愁訴と呼ばれる様々な症状が起こるようになります。これは交感神経と副交感神経のバランスの乱れにより起こるものです。このような場合は生活を改善し、ストレスを解消するのが一番ですが、それでも治らない場合は病院に行って相談し、薬を処方してもらうようにするといいでしょう。

View Detail

自律神経の乱れ

医者

入院で治療する利点

自律神経失調症状とは、交感神経と副交感神経のバランスを保つとされる自律神経に乱れが生じ、それによって様々な体の不調や精神的不調が現れる事を言います。この自律神経失調症の原因となっているのは、ストレスであるため、ストレスを解消させる事が治療に繋がります。通院のみでの治療が主に行われるのですが、深刻化してしまうといけないため、入院する必要がある場合もあります。入院で治療を行うのには、通院のみにはないメリットがあります。入院をすれば、日頃自分でしなければいけない家事や、普段の生活で発生するストレスから解放されて、精神的な休息を取る事が出来るというメリットがあります。また、体調が急変したとしても24時間いつでも対応してくれる安心感も出てきます。

特徴的な症状とその治療法

自律神経失調症は、様々な症状が出るのですが、1つだけの症状が出てくるのではなく、いくつかの症状が同時に出てくるのが特徴です。身体面と精神面の両方の症状があるため、精神的にも身体的にも辛いものである事が分かります。中には、自律神経失調症で立てなくなるという人も居ると言われています。自律神経失調症の治療では、身体面と精神面の両方のストレスを解消させ、必要に応じて生活習慣や生活環境の改善を行う必要があります。薬物療法が主に使用されるのですが、他にもカウセリングなどの心理療法・セルフコントロールなどの治療方法があり、鍼灸・マッサージ・ストレッチなどの自分で行える治療もあります。そのため、自分に合った治療方法で治療が行えるというメリットもあります。

ストレスによる身体の不調

女性

心臓がドキドキしてしまい上手く話すことが出来なかったり、人前で字を書くことが手が震えて上手く書けなかったりと体調の変化に気づき医療機関を受診したところ、自律神経失調症と診断されました。しかし、病院で薬による治療と会社を少し休んだことで自律神経失調症は治りました。

View Detail

誰でも罹ります

病院

自律神経失調症は、ストレスや不規則な生活習慣によって引き起こされることが多くあります。また、身体面だけなく心理面にも悪影響が及びます。慢性的な疲労感やだるさ、イライラ、落ちこみ、リラックスできないなどの症状が続きます。長期化する傾向があるので、非常につらい病気です。

View Detail